投稿

"iPhone SE 2"、3月発売へ=米報道

Apple は低価格帯の iPhone を早ければ3月にも発売するようだと1月22日付の米 Bloomberg が報じた。

この "価格を抑えた" iPhone は2017年発売の iPhone 8 とよく似ており、TouchID 対応のホームボタンを備えるという。以前から噂されていた通り、スクリーンサイズは4.7インチ(LCDパネル)になるようだ。




Apple は今年9月に 5G 対応のフラッグシップ iPhone 12 シリーズを発売するとみられるが、それまでの間、他社のミッドレンジに対抗する狙いも見え隠れする。低価格帯の iPhone 投入は、2016年3月に発表された iPhone SE 以来4年ぶりとなる。当時のエントリー価格は399ドルだった。


Bloomberg の情報筋によると、Apple のサプライヤーは2月に量産体制に入る方向で調整しているという。組み立ては Hon Hai Precision Industry、Pegatron、Wistron の3社が担い、マルチサプライヤー体制となるようだ。

この iPhone SE 後継機(iPhone SE 2 または iPhone 9)は、現行の iPhone 11 シリーズと同じ A13 Bionic チップを搭載する可能性が高く、Apple はすでに TSMC への1~3月期の発注を増やしたという。


これまでの情報をまとめると、このデバイスはメモリ 3GB を搭載するほか 、リアカメラは1つ(12 MP)、ストレージは 64 GB (128 GB)、シャシーはガラスが採用されてワイヤレス充電をサポートするとみられており、ベースモデルの価格は399ドルが見込まれている。なお、Face ID はサポートしない。

また、パネルについては LCD が組み込まれるだろう。有機 EL ディスプレイを 次期 iPhone 12 シリーズの全機種に採用して、LCD ディスプレイを「SE」系に集約する可能性が高いとみられる。

iPhone SE 2(4.7インチ)に続いて、さらに、2020年終わりから2021年初めにかけて、5.5~6.1インチサイズのモデルを追加する可能性もある。
Apple 担当アナリスト Ming-Chi Kuo 氏は以前、より大きなサイズの「iPhone SE 2 Pl…

Qualcomm、Snapdragon 720G / 662 / 460 を発表

2020年版 iPhone、よりスリムに

AMD、ラップトップ向け CPU シェア拡大が加速=株価は最高値更新

Amazon、日本の年末商戦で最も売れたのは「Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属」

Huawei P40 シリーズ、スペック予想やリーク画像など

Microsoft、"Surface Laptop 3" と "Surface Go" 15% OFF 新春キャンペーンを開始

Sony、2月24日に次世代 Xperia 発表へ

Microsoft、Chromium 版「Microsoft Edge」を公開

Apple、Mac Pro (2019) ラックマウントバージョン販売開始=納期はタワー型と同じ

数か月内に 13インチ MacBook Pro 刷新の可能性

Galaxy S20+ のイメージがリーク=メインカメラは4基

次世代 Apple Pencil に関する特許=高度なジェスチャ、カメラなど

サムスンの折りたたみスマホ、製品名は「Galaxy Bloom」=2月11日発表へ

中国で iPhone 出荷台数が回復=米 報道

OnePlus コンセプトスマホ「Concept One」=リアカメラが消えるギミック

Intel、"Tiger Lake" プロセッサをプレビュー=Thunderbolt 4 を統合

ソニー、PlayStation 5 の新ロゴを公開=2月5日に発表会を開催か

AMD、モバイル向け Ryzen 4000 シリーズを発表=Ryzen 7 4800U や Ryzen 7 4800H など

Intel、第10世代モバイル向け Core H シリーズ をプレビュー= i7 で 5GHz 超え

CES 2020 間もなくキックオフ=ソニーのキーノートは7日10時から

サムスン、2月11日にイベント開催=Galaxy S20 と Fold 2 を発表へ