<Update アリ> PC 向けメモリ、価格上昇続く=2021年Q2は前期比13~18%高の予測

パソコン向けメモリ、価格急騰

世界的な半導体不足の影響を受け、パソコン向けメモリの価格急騰が続いている。

市場調査会社 TrendForce の最新レポートによると、DRAM 市場は価格上昇サイクルに突入しており、パソコン向けメモリの取引価格は2021年1~3月期に前期比で 3~8% 高となり、さらに同年4~6月期は同 13~18% の価格上昇が予測されている。

在宅勤務の拡大などを背景にノート PC の需要が増しているほか、スマホやサーバ向けメモリの確保なども価格押上げに影響するという。

また、グラフィックス DRAM の価格も大幅上昇が予測されており、半導体業界は "スーパーサイクル" に突入したとみられる。

パソコン向けメモリ

DRAM 値上がり、2021年後半まで続く

TrendForce の分析によると、コンシューマ向け DRAM の契約価格は、テレビやセットトップボックス、ネットワーク機器の堅調な需要のほかにも、5G インフラや Wi-Fi 6、AI、ゲーミング、自動車向けチップの需要が高まることによって、今年4~6月期には前四半期比で最大20%の上昇が予測されている。

パソコン向けメモリの取引価格はここ数か月間上昇が続いており、直近の1か月間だけでも約 4% 値上がりしていた。DRAM の供給不足と価格上昇は、少なくとも2021年第3四半期までは続くとみられている。

<Update 1>

2021年3月19日に発生した半導体大手ルネサスエレクトロニクスの那珂工場の火災により、同工場の半導体生産がストップ。操業再開までに1か月程度、正常化までにはさらに2~3か月要する見通し。 この工場は自動車向け半導体(車載 DRAM)が大半を占めていたため、パソコン向け DRAM に大きな影響は無いようだが、世界的な半導体不足に拍車をかけることは間違いないだろう。

<Update 2>

AKIBA PC Hotline による秋葉原の店頭価格調査でも、パソコン向けメモリの価格は 直近2か月で 20%前後の値上がりが確認されている(調査日:2021年3月20日)。 同レポートによると、デスクトップ向け 32GB DIMMが特に高騰しており、DDR4-3200 32GB×2枚組が 29.6% 高、DDR4-2666 32GB×2枚組は41.0% 高をそれぞれ記録。また、16GB DIMMも 20% 超の大幅な値上がりとなっている。


コメント