Savage、「Procreate は Mac で提供しない」と表明

Procreate は iPad 専用アプリ

Apple は開発者向けイベント WWDC 2020 の基調講演において、Mac コンピュータのプロセッサを Intel 製チップ から 独自設計の「Apple シリコン(M1)」(ARM ベース)へ移行することを発表した。
2020年末に最初のハードウェアが投入される予定だ(<Update> M1 チップ搭載 Mac として MacBook Air、MacBook Pro、Mac mini が投入された)。

発表のなかでもっとも注目されたことのひとつは、最新 macOS Big Sur では、iPad アプリが Apple シリコン搭載 Mac でこれまで以上に容易かつ完全にネイティブ動作するという点だろう。

前世代の macOS Catalina と共にアナウンスされた Mac Catalyst に、新たな API が追加されることによって、アプリ開発者はこれまで以上に Mac への移行が容易になる。また、アプリの外観や解像度、動作などを総合的に制御可能となり、Mac App Store で配信することもできる。

Procreate は Mac へ移植せず

「Mac 版 Procreate はリリースしない」

Apple のアナウンスを受け、iPad 向けに人気イラストアプリ Procreate を提供する Savage Interactive の ジェイムズ・クーダ CEO(@Cuda)は2020年6月23日、「Mac は iPad のようにマルチタッチや Apple Pencil が利用できない。iPad こそが描画にとって最も "しっくりくる" 環境である」と述べ、Mac コンピュータへの同アプリ提供を行わない姿勢を示した。

アプリ開発者は iPadOS 向けアプリに大きな修正を加えることなく Mac プラットフォームへ容易に移植可能となるが、「Procreate は Mac App Store では提供しない」ことと、「Procreate はあくまで iPad オンリーのツール」であることを明確にしたといえる。
開発者は Mac App Store でアプリを公開するかしないかの "選択権" を持つことができる。

ただし、現状では iPadOS のみが排他的にサポートされており、他のプラットフォームで Procreate を使用することはできない。

「Mac 版 Procreate を求める声には耳を傾けている」

同社はこれまでにも、Windows PC 版や Android 版の提供を行う予定はないと明らかにしてきた。そもそも、Procreate を開発するきっかけとなったのが iPad の登場だったためだ。

ただ、Procreate のディスカッション・フォーラムには Mac コンピュータへの対応を求める声が数多く寄せられている。

開発元の Savage サイドも同フォーラムのなかで、「(Mac 版アプリ投入を求める)意見には耳を傾けている」としており、今後の展開次第では Mac App Store での提供の可能性がまったくのゼロではないとも読み取れる。

同社トップのクーダ CEO は「(Mac へのアプリ提供は)確かにビジネスチャンスではある」ことを認めつつも、現状では iPad こそが Procreate にとって、最高のプラットフォームであると確信しているようだ。

<Procreate 人気書籍>

  

今後も Procreate の対応プラットフォームや配信方法などに動きがあれば随時アップデートしていく。

最終更新日:2021年3月3日

Author:對川 徹 - Toru Tsugawa(https://tsugawa.tv/)

Contact : https://tsugawa.biz/contact/

<Source>


コメント